またまたご無沙汰してしまいました。

  今年に入ってから忙しい日が続いてなかなか投稿ができませんでした。

  おかげさまで沢山のお客様にご来店いただいております。ランチでほぼほぼ食材が無くなってしまうので、ディナータイムの営業までなかなか手が回らない感じです。

  あぐりでは手作りを心掛けておりますので、仕込みも時間が掛かってしまいます。  

  しかし、せっかくご来店いただいたお客様に美味しいご飯を召し上がっていただくには自分一人で作れる量には限るがあるかなぁと思います。

  無理にその範囲を超えて対応しようとするのは自分的にもお客様的にもいい結果にならないと最近思いますので、その辺ご理解いただけると有難いです。

  

営業時間とオーダーストップの時間

  当店のランチの営業時間は11:30から15:00です。

オーダーストップは14:00です。

飲食店だとだいたいご案内してからご注文を伺って料理を作ってお出しして、お客様が召し上がる時間を考えて閉店時間の30分とか1時間前をオーダーストップの時間にしてる店が多いかと思います。

オーダーストップ後は食材を片付けたり、オーブンやフライヤーの火を消したりしてしまうので、直ぐに料理を作れる状態ではありません。

閉店時間はお客様にお帰りいただいてお店を閉める時間となります。

     ランチをご希望のお客様は14:00までにご来店いただけるようお願い致します。

雑記

  いきなりステーキの大量閉店が話題になってますね。いきなりステーキに限らず色々な大型チェーンなどで、大量閉店が相次いでいるようです。

  インターネット、SNS、ECサイトの普及などで様々なところで構造の変化がおきていて今までの常識がドンドン変わっていっているように思います。

   働き方改革も進んでいるようですが、働き方というよりもサービスなど何かを享受する側、お客さんとなった時の意識の改革の方が大事かなと思います。  

   ドイツなど、労働時間が短くて生産性の高い国は色々と不便だったり、サービスが雑だったりという部分もあるけど、ある程度それを許容しあえるから成り立っている部分もあると思います。

  日本はお客様側になると、完璧だったり高品質のものを求め過ぎてしまってお互い息苦しくなってしまうんじゃないかなって感じます。

   その割りには安さも求めるので、結果的に労働者の給料も上がらなくなってしまっている。

  もう少し労働やサービスに感謝の気持ちを持っていかないと、息苦しい社会はなかなか打破出来ないのでしょうか。

今年の営業も無事に終了しました!

  今年もたくさんのお客様にご来店いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 今年は色々と試行錯誤の年でしたが、手応えも掴めた気がします。

  来年もお客様に喜んでいただけるお店であるように頑張っていきます。

   よろしくお願い致します。

土日祝日働けるスタッフを募集しております!

   近年はどこも人不足で大変ですね。

特に飲食業界は深刻な人手不足です。

数年前のワタミのブラック企業問題あたりから急に風向きが変わったように思います。

募集を出しても本当に応募が減りました。

ここのところはカスハラ(カスタマーハラスメント)

の問題も取り沙汰されて、サービス業界全体が大変な仕事というイメージが強くなってしまっているように思います。

  実際には人と人のやり取りですので、そんなにむちゃくちゃな人はほとんどいなですし、お客さまとのちょっとした会話やサービスで喜んでいただけた時など楽しい部分も多いんですがね。

 

  という訳で詳しい条件などはホームページの方を見ていただきたいのですが、土日祝日のスタッフがどうしても不足しがちなので、働いてみたい方は是非ご応募ください!

お待ちしております!

 

 

味噌作り体験講座、無事に終了致しました〜

  ご参加いただいた方、ありがとうございました!

運営にご協力いただいた、三島市の健幸づくり課の皆さまとまつり農園さんもありがとうございました!

 

味噌作り楽しんでいただけたようで良かったです!

畑に入る機会もなかなかないと思うので、こちらも良い経験になったのではないかなと思います。

 

またこうして食について学べる場が作れるといいですね〜。とりあえず次回は今回  麹を提供していただいた中村屋麹店さんに講師になってもらってイベントをやろうと思ってますので、またよろしくお願い致します!

ご無沙汰しております

  ここのところ忙しくて、投稿がご無沙汰してしまいました。

  今度9日に三島市との共同事業で、味噌作り体験のイベントをやります。

  こちらの企画は以前三島市で食育の共同事業者を募集してたのに応募したものです。

  野菜はスーパーや直売所で見ると思いますけど、こちらは商品になっているもので、実際にどういう状態で育っているのか。

  葉っぱがどういう形でどういう花が咲いてとか、そういうのはなかなか見る機会がないと思いますので、そういうのを見て欲しいなと思いました。

  今回は大豆を収穫して、お味噌を仕込むという企画です。

  どんな風になるか楽しみです。

  またこちらでご報告します。今回は締め切りになりましたが、また次回もこういう企画をしたいと思いますので、良かったら参加お願い致します。

味噌作り体験講座 開催します!

  三島市にお住まいの皆さま、広報はご覧いただけましたでしょうか?

  12月9日(月)に味噌作り体験講座を開催します!

  こちらは三島市の食育事業の一環となります。

  

   先ずはまつり農園さんの畑へ行き大豆の収穫体験をします。こちらも貴重な体験だと思います。

  そしてあぐりへ移動し、味噌作りと味覚のお話しをさせていただきます。

  味噌は持ち帰り分もご用意致します!

  麹は清水町の中村屋麹店さんにご用意致します。

  昔はどこの家庭でも冬に味噌作りをしていたと思いますが、最近は買うのが当たり前になっていますね。

  味噌作りは材料さえ揃えれば作るのはとても簡単です。

  出来上がりを待つのも楽しいし、料理に使う時にも楽しみがあると思います。

  是非ご参加いただきたいと思います!

  よろしくお願い致します!

  

  詳細は三島市の広報をご覧ください。

  三島市在住か在勤在学の方ならどなたでもご参加いただけます!

お出し講座、開催します!

  先日、味覚の授業というイベントの一環で、小学生3年生に味覚について教えに行ってきました。

  個人的な興味で昆布と鰹節でとった出し汁と、いわゆる顆粒だしの飲み比べをしてもらいました。

  飲む前にどちらの出し汁か教えずに、どっちの出し汁が美味しかったか訊いてみたら2/3くらいの生徒が顆粒だしの方が美味しかったと答えました。

  確かに普段使わないので久しぶりに使ってみて、一昔前に比べて顆粒だしも格段に美味しくなったと思いました。

  お店では旨み調味料は使ってませんが、それは単純に味がどうこうとか、それ自体が体に悪いからとかそういう事ではなく、そういう味に慣れてしまうのが問題かと思います。

  スナック菓子とか加工食品の旨みの強過ぎる刺激の強い味に慣れてしまうと、繊細な天然出しの味わいや野菜などの素材の味が物足りなくなってしまいます。

  その結果お菓子が主食になってしまっている人もいるようです。

  加工食品等はミネラルなどの栄養が少ないので、やっぱり健康上問題があると思います。

  サプリメントを飲めばいいじゃないかという人もいますけど、あくまで健康'補助'食品ですからね。

  普段の普通の食事を美味しく感じられる味覚を持つことは健康上すごく重要なことだと思います。

  という訳でお出し講座やります、詳しくはホームページのお知らせを見てください。

  ご参加お待ちしております!

フードロス

  最近フードロスが話題になってますね。

日本の1年間のフードロス(食べられずに廃棄された食べ物)は約643万トンという試算がありました。

  大きなところではやはり小売店での売れ残りが多いかと思います。企業側だけでなく、家庭でも買ったけど余らせたり腐らせてしまったりということはあると思います。

  飲食店でいうと食材をダメにして廃棄ということはあんまりないかな〜と思います。

そうなる前に賄いにしたり、形を変えて違う料理にして使ったりしますので。

  ただ宴会や会食などでは手をつけられないで廃棄されてしまう料理が多いということで問題になったりしますね。

  松本市では30・10運動といって、乾杯後の60分、終了前の10分は着席して食事を楽しみましょうという運動をしていますね。

  何にせよ日本にはもったいない精神という素晴らしい文化がありますから、フードロスを減らしていく取り組みが広がっていくといいですね。